特別定額給付金の10万円を「コロナ対策するための費用」と称し、会社が社員に寄付を求めてくるブラック企業が続出してきています。

会社経営のためとはいえ、行き過ぎた寄付を求めてきている時点で、経営者の資質を疑われる会社と言えます。

そのブラック企業をまとめてみましたので紹介します。

ブラック企業

ブラック企業1社目

新型コロナウィルスの影響によって会社経営が大変なのは、ツイートした本人もわかっていたのでしょうが、まさか、会社へ強制的に寄付しなければならない通知が届いたことです。

驚いたことに社会個人だけでなく、家族の給付金も任意としながら、寄付を求めてきていることなんです。

ブラック企業2社目

特別定額給付金について

 このたび、コロナ問題で収入がゼロになったり、大幅に減少している人に対して、政府が1人当たり10万円を支給することを決定しました。

 ついては当社社員はコロナ問題のために収入は一切減っていないので、これを辞退し、本当に困窮して生活に困っている人々のために使用して貰うのが、社会貢献であります。
総務部から社員の皆さんに辞退の意のある人の給付金を集め、金沢市に提供することとします。
これが天地自然の摂理に従った「人の道」と思います。
引用:Twitter(@NVaZ4OrXVP8AuPp)現在削除されて見れません

この給付金の目的は、世帯の減額に対するものもありますが、地域の経済活性化もあります。

金沢市に寄付することだけでなく、近くの飲食店や小売店で購入することで、役立てる方法もあるんです。それをわかっていない経営者もいるものですね。

会社名は?

ブラック企業1のところは広島県知事の息がかかっていることを紹介され、ツイートされた方が「テレビから取材が来ている」とツイートされていますので、社名が公表されるのも時間の問題となってきています。

 

ブラック企業2は、石川県金沢市とでていますので、こちらも間もなく公表されていくでしょう。

 

わかり次第追記していきます。