ニトリのラグやカーペットは手ごろな価格帯ですごく種類が豊富に出ていますよね。

ラグを選ぶ時、何をポイントにおいて選びますか?

 

価格、サイズ、デザイン、肌触り、手ごろな価格で気に入ったラグを買ったはいいけど使用していて、汚れてくるとお手入れ方法が気になりますよね。

 

洗濯表示を見て洗えないとき、出来るだけ長く、清潔に使用するには、どう手入れしていけばいいのか?

 

なんて考えますよね。

 

今回はそんな、ニトリのラグが洗えない時の手入れや対処方法をご紹介していきます。

 

普段のお手入れ方法

ラグの汚れる原因として、お菓子のカス・ほこりといったものは、基本的には掃除機がけです。

 

できることなら毎日、難しい場合でも週2回は掃除機をかけることをおススメします。

 

コツとしては、優しく、毛を起こすようにしながら逆目にかけると中のほこりやカスなどが吸い出しやすくなります。

 

後は、動物の毛や髪の毛類は手軽なもので言えば粘着テープ(コロコロ)でとることができます。

 

他には毛足の長いラグだと「動物用のラバーブラシ」だとゴミや髪の毛などを絡めとることが出来るのでとても重宝します。

 

ラバーブラシに代わるものとして、ゴム手袋でもラグの上を撫でるように触るとゴムにゴミが吸着するのでとても便利です。

 

念入りに掃除をしていると、どうしても汚れが目立つことってないですか?

 

そんな時は洗えないラグの場合、水拭き掃除をするといいと思います。

 

ぬるま湯に中性洗剤を混ぜて雑巾を浸し硬く絞り、汚れた部分をしっかり拭き取っていき、しっかり乾燥させます。

 

しつこい汚れの場合は毛の流れに逆らうように叩き拭きをすると毛の根元の汚れまでとることができます。


 

汚れ・シミ

液体をこぼした時などは、時間が経つにつれ取れにくくなっていき、それがシミの原因になります。

 

液体をこぼした時は焦らず素早く処置することが大切で、ついつい焦って擦ってしまうと汚れが広がってしまうので、まずは乾いた布かティッシュペーパーなどで上からたたいて汚れを移すようにします。

 

その後、水を少しずつ加えながら同じようにたたいていきます。油シミの場合はベンジンや透明の除光液などを加えると汚れが取れやすくなります。

 

におい対策

洗えないラグを使用していると、においも気になりますよね。

 

夏場の汗のかいた素足で使用していたり、ペットがいる家庭だったりするとにおいの原因にもなります。

 

そんな時には、重曹が役立ちます。

 

重曹は食塩水に二酸化炭素を加えることで作られますので、胃薬やふくらし粉としても使われているので、人体には安全性の高い洗剤です。

 

特徴としては、

・弱アルカリ性で、酸性の油汚れを中和して溶かす効果があり、生ごみや靴などの酸性のにおいも中和して消臭してくれます。

 

・粒子が細かく水に溶けにくいので、汚れに付けてこするとクレンザーの役割を果たしてくれます。

 

・重曹を温めると二酸化炭素が発生します。この性質を利用して汚れや焦げ付きを浮かせてはがすことができます。

 

ラグへの使用法としては、重曹をラグ全体にふりかけ、ゴム手袋を使用してゴシゴシこすります。その後2時間ほど放置した後に、掃除機で吸い取とることでにおいを取ることが出来ますのでおススメです。

 

ダニ対策

ラグはダニが生息しやすい環境が整っており、ダニの体や死骸、フンがアレルギーの原因にもなります。

 

しかし、ダニは60℃以上の温度で死滅することが分かっているので、簡単にできるのがスチームアイロンをかけて退治することができます。

 

ただ、素材によっては高温を掛けると溶けるものもあるので、ラグの素材を確認しましょう。スチームでダニが死んだあとは掃除機でしっかり吸い取りましょう。

 

まとめ

洗えないラグのお手入れ方法としては、できることなら毎日の掃除機がけ難しい場合でも週2回は掃除機をかける事を心がけましょう。

 

他にはホコリや髪の毛、動物の毛などはその都度、粘着テープ(コロコロ)をすることで取り除くことができますし、毛足の長い物であれば、動物用のラバーブラシやゴム手袋でラグの上を撫ですことでごみを吸着できますのでとても便利ですよ。

 

液体などの汚れなどは、時間の経過とともに落ちなくなってきますので、素早く処置をして、きれいな状態を保つようにしてください。

 

他にも、におい対策やダニ対策も紹介しましたので、ぜひ試してみてください。

 

ラグは体が一番触れることが多く、家の中でも居る時間が長いので、普段からきれいにしていたいと思います。

 

今回のお手入れや対処法を参考にしていただければ幸いです。