冬になると室内外の気温差が大きくなり、窓の結露が出てカビの原因となります。

そして、プチプチシートを貼ることで断熱効果もあり、一石二鳥となりますね。

 

そこで今回はプチプチシートを隙間なく貼る方法を調査してみました。

 

プチプチシートは内側と外側どちらに貼るの?

表面に凹凸のある窓ガラスがありますね。

 

よくあるのが外側がザラザラとしていてワイヤーが張られています。このようなガラスの場合、プチプチシートを外側に貼るとはがれやすくなります。

 

しかし、外側に貼る方が効果としてはあるようです。

 

外に貼る場合、表面に隙間ができない様に密着することが大切になりますが、ザラザラとしているので貼り方に工夫が必要です。この点については、後ほど説明していきます。

 

ただし、窓の開閉によってプチプチシートがはがれることもありますので、その点は気を付けて貼ってください。

 

 

プチプチシートを貼る方法は?

窓の汚れを落とす

最初にプチプチシートを貼りたい場所の「窓ガラスの汚れやほこり」を綺麗に拭き取り汚れを落とします。

 

窓ガラスが汚れていると、後ほど使用する両面テープが付きにくくなり、よごれを間に入れたままにしておくと、衛生上良くなくカビの原因にもなります。

 

窓ガラスを測る

次に、窓ガラスのサイズを測ります。図るところはフレームの内側となります。

 

ここで、プチプチとサッシに隙間ができないようきちんと測るのがポイントなんです。

 

プチプチをカットする

プチプチを窓の大きさにカットしていきます。

 

カッターとハサミではどちらがいいのかは、どちらでもかまいませんが「まっすぐ滑らせるように切る」のがコツとなりますので、丁寧に切ることが大切となります。

 

窓に両面テープを貼る

窓の四隅や縁など、必要なところに両面テープを貼りますが、窓とプチプチシートの間に空気が入らないよう丁寧に貼っていきます。

 

プチプチシートの効果は?

出窓とベランダの窓に梱包用のプチプチとダイソーの断熱銀マット貼ったら冗談抜きで部屋の保温性が跳ね上がった 具体的にはエアコンの設定温度28度でヒートテック2枚(1枚は内側モコモコのやつ)着ても寒いときは寒いって感じだったのに今は設定温度20度でヒートテック1枚だけでもめちゃ快適温度

 

我が家の熱気対策、窓にプチプチ貼りさらに遮光カーテンでエアコン効率UP。冬の冷気対策で導入したけど夏場もシッカリ効果出てます。

 

窓にプチプチを張ると断熱効果があります。夏は外の熱気を冬は冷気を防ぎます。ホームセンターなどで手に入るので安上がりですよ。

 

プチプチシートの交換時期は?

プチプチシートは毎年交換が原則となります。

 

カビが生える原因となり、そのまま乾燥すると飛来しますので健康には良くありません。春先に交換がいいでしょうね。

 

まとめ

寒くなると少しでも室内温度を暖かくしていきたいのですが、結露によって内側のガラスにカビが生えてしまい。生活環境も悪くなりますので、結露を少なくすることが必要ですね。