第96回東京箱根間往復大学駅伝の区間エントリーが発表されました。

 

中でもエースが走るという2区間で青山学院大学は1年生の岸本大紀選手が抜擢されたということです。

 

そこで今回は、岸本大紀選手の過去の大会記録や実績を調査してみました。

 

岸本大紀プロフィール

名前:岸本大紀(きしもと ひろのり)

生年月日:2000年10月7日(19歳)

身長:172cm

体重:55kg

血液型:O型

出身地:新潟県

家族:両親:兄

学歴:分水中学校→三条高校

現大学:青山学院大学

好きな食べ物:メロン、なし

宝物:ミニオンのクッション

三条高校と言えば、毎年のように全国大会に出場する選手がいることでも有名で実績あるところなんです。

 

陸上を始めたのは小学校2年の頃で、お兄さんの影響もあり始めたようです。

その頃より長距離走を走っていました。

 

兄も陸上選手

大阪大学に進学されており、丹後大学駅伝では、チームの主将として頑張っておられていました。

 

青山学院大学へ入学は?

岸本大紀選手が青山学院大学に進学したのは、高校2年生の時に原晋監督から熱心な勧誘があったと言われています。

 

後ほど紹介いたしますが、岸本大紀選手の記録が原晋監督の目に留まり、声をかけられたのでしょうね。

 

今回の選出にあたっても原晋監督は、

「歴代で1番。28年(ロス五輪)のマラソン代表争いに間違いなく絡んでくる逸材だと思う。練習ができるし、結果も残せるし、ご飯も食べられる。そして賢い」

と言われるほど、期待をされているようです。

 

過去の記録

中学時代

燕立分水中学校3年時に全中大会の3000mに出場して、ゴール手前で転倒してしまい12位となってしまいました。

 

高校時代

大会

種目(区間)

順位

記録

備考

2016年5月

新潟県高校総体陸上大会

5000m決勝

優勝

14分47秒50

 

2017年5月

新潟県高校総体陸上大会

1500m決勝

優勝

3分58秒83

 

2017年5月

新潟県高校総体陸上大会

5000m決勝

優勝

14分45秒20

 

2018年5月

新潟県高校総体陸上大会

1500m決勝

優勝

3分56秒53

大会新記録

2018年5月

新潟県高校総体陸上大会

5000m決勝

優勝

14分38秒32

大会新記録

2018年6月

北信越高校総体陸上大会

5000m決勝

2位

14分16秒29

新潟県男子高校記録更新

2018年11月

第267回日本体育大学競技会

5000m

37組・11位

14分10秒35

新潟県男子高校記録更新

原晋監督も認めた岸本大紀選手の箱根駅伝の走りを要チェックですね。