IR(統合型リゾート)事業をめぐる汚職事件がありましたね。

 

逮捕された衆議院議員の秋元司容疑者(48)が、中国企業側から受け取った現金300万円の賄賂としていたのは、選挙の「陣中見舞い」名目だったようです。

 

この陣中見舞いを渡すときの袋が老舗和菓子店のようかんと一緒の袋でした。

 

そこで今回は、老舗和菓子店のようかんはどこで、紙袋はどんなものか調査してみました。

 

IR(統合型リゾート)事業をめぐる汚職事件

 

 受け取った300万円は、2017年9月の衆議院解散当日に、秋元司容疑者が、議員会館にあるご自身の事務所で、「500ドットコム」の顧問・紺野昌彦容疑者(48)と仲里勝憲容疑者(47)から、「陣中見舞い」として受け取ったとされています。

その時に、現金は老舗和菓子店のようかんと一緒に紙袋に入っていたそうなんですね。

 

老舗和菓子店のようかんと言えば・・

羊羹名店ランキング上位のところから選出してみました。

とらや

創業が室町時代後期という老舗中の老舗ですね。

たねや 

創業が明治5年と歴史があります。

浅草 舟和

創業が明治35年10月なんですね。

鶴屋八幡

創業が元禄15年(1702)と300年以上の歴史があります。

塩瀬総本家

塩瀬総本家の初代林浄因は宋の人で1349年の貞和5年に中国より来日してから、奈良に移住されて、饅頭を作り宮中に収められていました。

古見屋羊羹

創業は明和元年(1764年)とされていました。

いったいどのお店のようかんだったのでしょうかね。

 

羊羹の紙袋はどれ?

とらや

たねや

浅草 舟和

鶴屋八幡

塩瀬総本家

古見屋羊羹

まだ「老舗羊羹店」の名前の情報が入っていませんので、わかり次第追記していきますね。

 

事件についてSNSの反応は?

こんな秋元のような雑魚だけで 済ませるなよ

#秋元司 必ず上とも繋がりがあるはずだ

北海道が舞台になっている疑惑だけにオレはこの後の操作の成り行きにも注視している

 

IRインサイダー】筆者の青木氏(もちろん仮名)、じつはかなりの事情通&大物なのです…。「秋元議員のほうがまだマシなくらいで、大阪IRに横浜 IR、MGMに Sand’s 、さらに多額な資金を提供して撤退をしたCaesar’sあたりについても検察はすでにつかんでいる」

 

なんで俺だけ? みんなみんなもっと悪いじゃん。 お気持ちお察しいたします、秋元司様。 出てきたら、みんなゲロッちゃえ。 おめおめ、泣くことはないぞ、秋元司くん。

 

“危うい議員”秋元司の入口事件は容疑が確実なIR利権が選ばれたが、その周辺には保育事業にまつわる詐欺事件や、自然エネルギー関連企業からの多額の献金疑惑などが渦巻いている。

 

まとめ

今回の事件で「ようかん」の袋に入れてというお江戸時代のやり口が、現代でも生きていることにビックリでしたね。

今後の動きも要チェックですね。