西武球団より多和田真三郎投手(26)を契約保留選手として扱うことを発表しましたね。

 

今年9月には頻脈性(ひんみゃくせい)不整脈と発表していたが、その原因が「自律神経失調症」であることを公表されました。

 

そこで今回は、多和田真三郎投手の復帰時期や療養にどれくらいの期間が必要なのか調査してみました。

 

多和田真三郎プロフィール

名前:多和田 真三郎(たわた しんさぶろう)

生年月日:1993年4月13日

初出場‎: ‎2016年5月14日

投球・打席‎:右投右打

身長‎:182 cm;

体重‎:82 kg

出身地‎‎:沖縄県中頭郡中城村

津覇小学校1年生の時に津覇少年野球クラブで野球を始め、4年生から投手になったのがきっかけとなっています。

中城中学校では軟式の野球部に所属していました。

中部商業高校では1年生の秋にベンチ入りし、2年生の秋にはエースとなりましたが、3年生の全国高等学校野球選手権沖縄大会の決勝戦で糸満高校に敗れ準優勝となったのが最高成績だったようです。

富士大学では1年生の春季から登板という実績の持ち主なんですね。

 

11月11日、第43回明治神宮野球大会の2回戦・国際武道大学戦で、1年生では史上2人目、大会史上4人目のノーヒットノーランを達成したことでも有名です。

 

2015年10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1巡目で指名を受けています。

 

今回の症状を受けて

当球団の保留選手の中で唯一契約更改が行われていない多和田真三郎投手の病状について。本人の同意を得られましたので、本日皆様にお伝えします。同投手は本年、9月に「頻脈性不整脈」であることを発表し、治療に専念していました。本日は、その原因が「自律神経失調症」であることを新たに公表させていただきます。

本人は現在も復帰を目指して、治療を続けています。ただ、残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていないため、契約保留選手のまま病状回復を待つことになりました。もちろん、私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクターならびに専門医の先生方とも密に連携をとり、復帰の見通しがたち次第契約更改を行うつもりです。多和田本人とも話をした上で、私たちはこの形が彼が復帰を目指す上で、ベストの形であると考え、選択をしました。

報道各社の皆様には、このような状況でございますので、どうか彼の復帰をそっと見守っていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。引用:日刊スポーツ

 

自律神経失調症

原因はさまざまで、過度なストレスや生活リズムの乱れなどがありますが、症状は一人ひとり違うようです。

起こりやすい現象として、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感などがあるようです。

精神的な症状としては

イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど症状はいろいろあります。

 

頻脈性(ひんみゃくせい)不整脈

脈が速くなる不整脈のことで、頻脈が起こると1分間の脈拍が400回を超えることもあるようです。走っているよりも早い脈を打っている状態なんでしょうね。

心臓がドキドキする、めまい、立ちくらみ、さらには失神、けいれんといった自覚症状があり、一部の頻脈では死に至ることもまれではないようです。

 

復帰時期はいつ?

現在治療をうけているようですが、、残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていない状況のようですね。

 

療養の期間は?

「復帰の見通しがたち次第契約更改を行うつもり」とありましたので、今のところ全く見通しが無いよう状況なんでしょうか。

 

SNSの反応は?

自律神経失調症 怖い病気です 私は産後から20年も病んでます 焦らず治して下さい!

 

 

多和田大丈夫かな?ここ最近自律神経失調症の公表がしやすい風潮になってそういう選手とわかることが増えてきたから余計心配になる。病状は人によって違うから早く戻って来られるといいけどね

 

自律神経失調症… 多和田くん大丈夫かいな

 

自律神経失調症、めちゃくちゃ辛いからわかるし中村晃が発表したときもおもたけどこればかりは人によって症状も違うからなった人にしかわからん 多和田ゆっくりな…

 

みなさんから暖かい言葉が送られていますね。

 

まとめ

今は心配ですが、ゆっくり焦らず治療に専念してほしいものです。

そして、復帰した姿を楽しみにしています。