スポンサーリンク

インターネットの電子メールから感染しているウイルス「Emotet」(エモテット)が拡大しているようです。

 

そこで今回は、「Emotet」(エモテット)の特徴や感染しない方法を調査してみました。

 

コンピューターウイルス「Emotet」(エモテット)の特徴とは?

EMOTETの大きな特徴は、次の3つのようです。

 

①非常に高い感染力、拡散力を持っている

②さまざまなマルウェアを感染させるプラットフォームとしている

③感染先にあわせてアップデートされている

 

EMOTETの感染が始まる一番最初は、メールに添付されたOfficeファイルの中からのようです。

 

Officeに入っているマクロ機能という細かい作業をする機能を使って、EMOTET本体となるファイルをC&Cサーバ(コマンド&コントロールサーバ)からネットにアクセスしてダウンロードが始まり実行されてしまいます。

 

感染元のパソコンはネットに繋がっているので、メールアドレスや買い物で利用しているアカウントや個人情報、パソコンに保存された位置情報などにあるシステムのアカウント情報などを盗み出しつつ、感染されたパソコンがメールを送るなどして更に、広範囲に渡って感染を広げようとします。

 

また、EMOTETは単体で感染することは多くないようです。

 

それは、EMOTETを介してさまざまなマルウェアといって、不正で有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称なんですが、そこから感染させるからです。

 

 

ネットの反応は?

感染しない方法は?

他のウイルスもそうなんですが、セキュリティ対策ソフトでしっかりと保護することが大事ですね。

 

インターネットにつながるパソコンで、不用意に知らないメールを開けない、クリックしないことが一番大事です。

 

まとめ

今回の「Emotet」(エモテット)は、非常に感染力や拡散力が強いようで、危険視されているものです。

不審なメール添付ファイルは開けない、クリックしないことが大事ですので、しっかりパソコンを守っていきましょう。

スポンサーリンク