スポンサーリンク

2019年10月30日(水)に本田圭佑選手がTwitterで、「明日からフィテッセの練習に参加する」と、いきなりつぶやきましたね。

 

そこで今回は、フィテッセに電撃加入しユニフォームの購入についてネットでできるのか調査してみました。

 

オランダ強豪チームフィテッセとは?

SBVフィテッセは、オランダ・ヘルダーラント州・アーネムを本拠地とするサッカークラブチームなんです。

1892年に創設された歴史あるクラブで、破産寸前に陥ったり、長い2部落ちを経験した時期もあったものの、1989-90シーズンにエールディヴィジに復帰後はアヤックス、PSV、フェイエノールトら強豪チームに次ぐ成績をおさめていました。

 

クラブのシンボルは鷹で、エンブレムには双頭の鷹が描かれています。

 

2008-09シーズンからはヘルトフ(公爵)という名前の鷹をマスコットに任命し、試合前にグラウンド上空を飛ぶよう訓練されていましたが、初飛行を終えた2009年10月にイースト菌感染症によって死亡してしまいました。

 

ヘルレドーム

ヘルレドーム は、オランダ・ヘルダーラント州アーネムにある開閉式ドームスタジアムなんです。

 

現在はエールディヴィジに所属するフィテッセ・アーネムのホームスタジアムとなっています。

 

座席数は25.000席だったんですが、空席が多かったために雰囲気改善のために2016年夏に21.400席に減らされています。

 

フィテッセに行く理由は?

オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団し、所属先未定の本田圭佑(33)が30日、ツイッターで「明日からフィテッセの練習に参加する」と、いきなりつぶやいた。

フィテッセは今季ここまでオランダ1部4位と好調。本田のCSKAモスクワ在籍時の監督で、本田の良さを知り尽くすロシア人のレオニード・スルツキー監督が率いている。

本田は「トライアウトに行く、12年前と同じ感覚」ともつぶやいた。J1名古屋から、初めて海外に渡った07年末にも、実質的にスパイクひとつで海を渡り、同じオランダ1部のVVVフェンロに練習参加。ここで実力を認めさせ、正式契約を勝ち取った。この時になぞらえ、新たな環境に気持ちを高ぶらせているようだ。

本田はメルボルンV退団後、基本的に、個人トレーナーとともに練習を続けてきた。一時的に米国で、自身が経営に参画するMLS下部のオレンジカウンティSCに練習参加したことはあったが、年齢制限外のオーバーエージ枠での20年東京五輪出場&金メダルとぶち上げた大目標へ、欧州復帰の道を模索してきた。その意味で、この練習参加が、注目される去就に大きな影響を与える可能性はある。

フィテッセは、オランダのドイツ国境に近いアーネムという都市を本拠地とし、日本人では安田理大、太田宏介、ハーフナー・マイクが所属していたこともある。開幕からリーグ戦11試合を戦い勝ち点23(7勝2分け2敗)の4位と好調。日本代表MF堂安律の3位PSVと同勝ち点で、首位アヤックス(勝ち点29)、2位のAZを追っている。引用:日刊スポーツ(10月30日付)

本田圭佑選手が動いたようですね。ここ数日どこに行くのか話題となっていましたので、ここからが本番ですね。

 

フィテッセのユニフォーム購入は?

ネットで購入できるようです。ただし、今現在(2019年10月30日現在)は本田圭佑選手が加入をしていないので、背番号が入ったユニフォームは売られていません。

 

海外サッカー選手ユニフォーム専門店 LEGENDS

 

黄色と黒の縦じま模様がカッコいいですね!!

 

まとめ

本当に本田圭佑選手がフィテッセに行くことになったら、オランダでの活躍が楽しみですね。

堂安律選手とのマッチアップも注目となります!!今後の動きに要チェックです!

 

本田圭佑選手の監督している「ソルティーロ・アンコール」ホームユニフォーム

現在、監督業をしている本田圭佑選手なんですが、ホームのフィテッセのユニフォームと似ていましたよ(笑)


 

スポンサーリンク