政治家

参議院|補欠選挙の情勢で当選・落選予想は誰?候補者まとめ

スポンサーリンク

参議院埼玉選挙区補欠選挙は10日(木)に告示され、前参院議員でNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)と無所属新人で前埼玉県知事の上田清司氏(71)の2人が立候補を届け出ました。

 

補選は埼玉県知事に転向した前参議院議員の大野元裕氏の議員辞職に伴って実施されることとなっており、投開票は2019年10月27日(日)に行われる予定です。

 

中でも注目されるのは、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏が参議院議員を辞職して話題になっており、ある意味出直し選挙としているのでこちらの当落でしょうか。

 

今回は、二人の情勢や当選・落選などまとめてみました。

 

選挙期日

告示:2019年10月10日(木)

投開票:2019年10月27日(日)

 

立候補者

立花孝志プロフィール

立花孝志さんのプロフィールを簡単に紹介しますね。

名前:立花孝志(たちばなたかし)

生年月日:1967年8月15日

身長:178cm

学歴:大阪府立信太高校学校卒

所属:NHKから国民を守る党

好きな言葉:能力を持った者にはそれを正しく行使する責務がある(白い巨塔・財前教授の言葉より)

「NHKをぶっ壊す!」のキャッチフレーズで一躍有名になられた立花孝志さん、政見放送でも話題になりましたね。

 

みなさんもご存知のとおり立花孝志さんはNHKに勤務をしていた経歴をお持ちです。

 

その後、

2013年9月、大阪府摂津市議会議員選挙に立候補されましたが落選。

2014年2月、東京都町田市議会議員選挙に立候補されましたが落選。

2015年4月、千葉県船橋市議会議員選挙に立候補され、2622票で当選。

保守系・自民党系会派「研政会」に所属していました。

2019年7月21日投開票の第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補されており、当選しました。

それと同時に同党は政党要件を満たしたため、国政政党の党首となられました。

 

上田清司プロフィール

名前:上田 清司(うえだ きよし)

生年月日:1948年5月15日

学歴:法政大学法学部卒 早稲田大学大学院政治学研究科修了

1993年(平成5年)に自民党を離党し、結党されたばかりの新生党の公認を受けて、第40回衆議院議員総選挙に旧埼玉県第5区から出馬して初当選を果たしました。

 

なお同区では、のちに共に民主党に所属する枝野幸男氏も日本新党公認新党さきがけ推薦で初当選していました。

 

2003年(平成15年)8月には、埼玉県知事選挙に無所属での出馬を表明して、衆議院議員を辞職されています。

自民党県連が推薦する候補者など7人を破って当選しました。

 

最新の情勢

まだ告示されたばかりで情勢がわかっていませんので、わかり次第追記していきますね。

 

当選するのは誰?

立花孝志さんと上田清司さんの一騎打ちとなりました。

 

国政選挙で行動力のある立花孝志さんと長年勤めてきた埼玉県知事と言う実績と安定した政治力の上田清司さん

 

立花孝志さんは、SNSやYouTubeなどインターネットを駆使した若者を中心にした票を多く集めていくものと考えられます。

 

上田清司さんは、県民に名を知られているというこれまでの実績が多くあります。

 

どちらにとっても選挙は熾烈な戦いとなると考えられます。

 

まだまだ状況が不透明なところがありますので、どちらと言えない状況ですね。

 

投票前ネットの反応は?

自民党を含めて大きな政党が候補を出していないという点も自身が無いのかどうかわかりませんが、大きな意味を持ってきますね。

 

今回初めての選挙の方もいる中で、県外の方々も興味が高いようですので、投票率も気になるところです。

 

まとめ

一騎打ちという中で、どちらに軍配が上がるのか非常に興味のある選挙となりました。

埼玉県民の方にはしっかり意思を持って投票してもらいたいものです!

スポンサーリンク