2019年9月27日(金)の爆報!THEフライデーで放送される梅田智子さん

 

「3年B組金八先生」で田原俊彦の姉役を演じた女優から現在までの内容が放送されます。

 

そこで、今回は梅田智子さんが現在勤務している店名や場所はどこなのか?女優を辞めた理由や店で働いている原因を調査してみました。

 

梅田智子さんのプロフィール

名前    梅田 智子(うめだ ともこ)
生年月日  1952年2月23日
出生地   東京都豊島区駒込
身長    165㎝
血液型   A型(Rhマイナス)
特技    水泳、クラシックバレエ、合気道初段、琴6年間、ネイリスト

東宝ニュータレント8期生として東宝へ入社されました。

 

1968年、竜雷太さん主演の『でっかい青春』という番組があったのですが、シリーズ後半では、竜雷太さんの役どころが市役所職員から高校の代用教員へ変更となって、その際、レギュラーの生徒役としてデビューしています。

 

この他にも「金メダルへのターン」というドラマでは・・

「オーディションとも聞かされず、所属していた東宝テレビ部の本社に来るように言われました。私、ふだんはロングヘアですけど、その日はショートのウイッグ(つけ毛)を着けていて、それが原作のイメージにピッタリだったみたいです」

と、本人はオーディションと知らずに話を進められているようです(笑)

 

高い演技力を持っていましたので周囲を食ってしまうため、肉食魚ピラニアにちなんでピラとあだ名をつけられたそうです。

 

初の主演級作品は『炎の青春』のバスケットボール部キャプテンの大村映子役でした。

 

 

東宝テレビ部所属女優として、主に東宝制作の映画・ドラマに多数出演しており、1970年には日本映画制作協会新人賞を受賞した経歴をお持ちです。

梅田智子さんの結婚は?

1979年に結婚されていました。

 

最初にオーディションを受けた「でっかい青春」(日本テレビ系)で同期デビューした大谷直さんがご主人となられています。

「すでに俳優は辞めていて、スペインで新聞記者をやっていたんです。私がスペインへ撮影に行った時に彼のことを思い出して、10年ぶりに再会したのが結婚につながりました」

とありました。デビュー当時で初対面での印象が良かったのでしょうね。

 

梅田智子さんが女優を辞めた理由は?

出産の為に芸能界の一線から退かれています。また子どもさんが3人おられますので、出産・育児に専念されていたのでしょうね。

 

現在ご主人の大谷直さんは、海外旅行ガイドブックの出版を基幹とした会社を経営しているようです。

子供3人は全員ご主人の会社で働いているそうです。

 

2004年に『金メダルへのターン!』で姉妹役として共演した青木ひでみさんと共に剛たつひとさん作の舞台に出演することになって、25年ぶりに女優活動を再開されています。

 

2007年には、恩師である高瀬昌弘監督のために夫婦で企画した舞台「掌一杯の温もり-親子戦争」では、実娘とも共演され復帰されています。

梅田智子さんが勤務している理由は?

勤務している理由

 後ほど更新します。

梅田智子さんが勤務している店名や場所は?

お店情報

 後ほど更新します。

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

 

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

 

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

 

■『U-NEXT』のその他おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンルも配信中!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【毎月無料】で貰える

ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

※月額1990円(税抜)かかります

FODプレミアム

まとめ

60代後半でも美しさを保っておられる梅田智子さん

まだまだ女優として活躍されるだけの人気はあるものと思っていましたが、事情によって、料理店で勤めていることに少し寂しさがありました。

これからも女優としての道もやってほしいものです。