2019年9月22日(日)朝、宮崎県北東部で台風17号が原因とされる、竜巻などの突風が発生しました。

 

延岡市では、JRの鉄塔が倒れたり店や家の窓ガラスが割れる、車が横転するなどといった被害が伝えられています。

 

さらにガラスの破片が刺さって、けがをした人もいるもようです。

 

そこで今回は、延岡市の竜巻の被害場所や地図で調査してみました。

 

延岡駅の状況

宮崎県延岡市幸町三丁目

延岡駅周辺で停電

九州電力によりますと、JR延岡駅の周辺では複数の場所で電線が切れて、停電が発生しているということです。(2019年9月22日 14:50現在)

竜巻の被害場所や地図は?

 

後ろの鉄道が見えますでしょうか。近くのレンタリース会社からの撮影でした。

看板が折れてしまっていました。

 

竜巻のコースは?

今回の報道では、日豊本線に並んで、旭町から延岡駅周辺と言うことでしたので、このようなコースを進んでいったことが推測されます。

 

正確には気象庁が現地入りしてからの発表を待ちましょう。

 

ネットの反応は?

大きな被害が予想されていますね。

 

まとめ

2006年にも大きな竜巻の被害にあった経験がありますが、またも延岡市という感じですね。

 

被害に遭われた方が早急に復旧できることを心よりお見舞い申し上げます。