スポンサーリンク

歌手・俳優の美輪明宏さんが、2週間ほど入院することとなりました。

 

今回は、美輪明宏さんの病気の原因や入院した病名まで調査してみました。

 

美輪明宏さんのプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⋆ 17日(金)・美輪明宏さんステージ『ロマンティック音楽会2017 〜郷愁 ノスタルジア〜』無事に終了しましたでしょうか…? 体調が心配ですが、お元気なら何よりです☆*゚+ ⋆ 度々、美輪さんの画像を投稿しておりますが・・・ 美輪さんファンの方が、コレを御覧になっているからです。 そして・・・ ネット等で、いろいろリサーチ(勉強)している美輪さん(笑)。 ひょっとして、美輪さん御本人もコレを御覧になっているかも知れません…!! (一応、インスタアカウント等をお教えしておいた☆) ⋆ 今回は体調の面もあり、出待ちに出て来られませんでした。 美輪さんっ…!! 絶対に引退しないで下さいね……!!! ⋆ 私は貴方に御恩がある。 何かあったら、すぐ駆けつける気持ちでおります。 現在、お元気で体調良いと教えて頂き、感無量です✨✨✨ ⋆ 【http://o-miwa.co.jp/】 【http://reijindayori.jp/welcome3】 お問い合わせ先 美輪明宏麗人だより事務局 inquiry@reijindayori.jp 03-4436-8722 受付時間:10:00~12:00 13:00~18:00 (※土、日、祝日を除く) 運営会社Lotus・F株式会社 ⋆ ⋆ #美輪明宏 #akihiromiwa #丸山明宏 #akihiromaruyama #観音様 #観音様みたい #性別超越 #神々しい #美しい人 #長崎 #紫の履歴書 #ミワちゃま #モロの君 #黙れ小僧!! #丸山臣吾 #小学生の頃からファンです #イエローヘアー #美輪明宏の世界 #シャンソンとおしゃべり #梅田芸術劇場 #シアタードラマシティ #✨✨✨ @miyazi0510

NAO(奈緒)🔮🥀さん(@nao_1222_glovers)がシェアした投稿 –

1935年(昭和10年)5月15日に生まれており、長崎県長崎市において父・作一、母・ヌメの間に5人兄弟の次男として誕生されました。

 

美輪明宏さんの実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼称された遊郭街であったようで、「世界」という名前のカフェを経営されていました。

 

「美輪明宏の世界」という名前の由来になったのかもしれませんね。

 

原爆によって父親の貸付先が相次いで破産・他界したために、返金を受けられなくなった美輪一家は貧乏生活を余儀なくされた経緯があります。

 

その前に美輪明宏さんの父の後妻が他界してしまったため、父の後々妻も失踪する等の不幸に見舞われ、美輪明宏さんは幼い異母弟達と辛い日々を送ることとなったようです。

 

1964年には、「ヨイトマケの唄」を初めてステージで披露されました。

 

1966年には前年の内にレコード化された「ヨイトマケの唄」(「ふるさとの空の下で」とのカップリング)が注目され、人気が再燃したことがありました。

 

2015年、『第66回NHK紅白歌合戦』に出場、自身の持つ史上最年長を更新すると同時に史上初の80代での出場となりました。

 

2018年、東京都名誉都民に顕彰されています。

 

美輪明宏さんの病気は何?

今回、軽い脳梗塞という病気を発症されました。

 

休演日の11日にはNHKの午後の情報番組に生出演されていました。

 

しかし、帰宅後、「ちょっと頭がもやもやする」などと不調を訴えられたようで、病院で診察を受けたところ、軽い脳梗塞で診断され、そのまま入院したとのことです。

 

今後2週間程度の入院し、手術は行わず、投薬治療することが決まったそうです。

 

初期の脳梗塞で意識ははっきりしていると言われています。一安心ですね。

 

美輪明宏さんが入院している病院はどこ?

現在、公表されていませんでした。SNSなども上がっておりませんでしたので、秘密事項としているかもしれません。

 

美輪明宏さんの今後は?

7日に東京・池袋の東京芸術劇場で開幕した「美輪明宏の世界~愛の話とシャンソンと」東京公演(23日まで)は12日から中止が決定しました。

 

東京公演の中止は決まりましたが、10月から11月にかけての愛知などの地方公演は、美輪の回復状況などを待って決めるとなっています。

軽い脳梗塞とはいえ、年齢も高いためゆっくり休んでいた方がよさそうですね。

 

まとめ

美輪明宏さんの病気が早く治るといいですね。ハスキーな歌声が周りを魅了するその声を早く聞きたいものです。

スポンサーリンク