スポンサーリンク

2019年9月7日(土)の「人生の楽園」で放送される岡山県吉備中央町にある農家民宿「桜」が紹介されますね。

 

今回は、農家民宿「桜」の宿泊料金や場所、料理、アクセスについて調査してみました。

 

今回の放送内容

舞台は、岡山県の中央部に位置する吉備中央町。田園が広がるのどかな町で農家民宿を始めた田尻栄一さん(65歳)と妻の美幸さん(59歳)が主人公です。
熊本県出身の栄一さんは高校卒業後、岡山県倉敷市の製鉄所に就職。50歳の時、美幸さんと結婚しました。転機が訪れたのは57歳の時。栄一さんに大腸がんが見つかり、病と向き合う生活を余儀なくされます。退院後、仕事に復帰しますが「定年後は田舎でのんびり暮らしたい」と考え始めた栄一さん。子どもと孫たちが住む岡山県内で、理想の土地を夫婦で探し始めました。そして、吉備中央町で巡り会ったのが現在の古民家。自宅前に広がる美しい田園風景に一目ぼれしたご夫婦は、すぐさま購入を決意。休日には倉敷市の自宅から吉備中央町に足を運び、築100年の古民家を少しずつ修復・改装しました。栄一さんが定年退職した翌年の2014年6月、吉備中央町に移住。
のんびりとした田舎暮らしを始める予定でしたが、移住してすぐに二度目の転機が訪れます。還暦祝いで熊本県阿蘇の農家民宿に泊まった時、栄一さんは宿のもてなしに感動。「自分も農家民宿を始めたい!」と思い立ちます。こうして移住からわずか3か月後、母屋を客室にして『農家民宿 桜』を開業しました。
『農家民宿 桜』があるのは標高400メートル程の吉備高原。移住のきっかけとなった風景を楽しむために、民宿の展望デッキも手づくりしました。視界を遮るものがない田園風景はお客様からも好評です。さらに、夫婦でもてなす鶏肉料理は宿の自慢の一つ。お客様に喜んでもらおうと、季節ごとに工夫を凝らしています。
「田舎でのんびり暮らしたい」と絶景の地に移住し、「素敵な風景を沢山の人に見てもらいたい」と農家民宿を開いた田尻栄一さんと美幸さん。ご夫婦の奮闘ぶりと、応援してくれている家族や友人、民宿のお客さんとの交流を紹介します。 引用:テレビ朝日

 

農家民宿「桜」とは

雲海の上に建つ築90年の古民家という素晴らしい住まいのところになります。

 

桜の主が3年の月日をかけて修復し、居心地の良い居住空間を生み出されていますよ。

 

手作りかまどに石窯、五右衛門風呂と、遊び心あふれる建物で昔ながらの雰囲気をただ寄せてくれます。

 

宿泊については、1日1組だけのようで古民家1棟を気兼ねなく使うことができるようです。

 

そして、農家体験のさまざまなオプションも、お客さまのペースに合ったプログラムもありますね。

 

農家民宿「 桜」の料金は?

  大人 小学生 4歳~6歳
1泊2食付 9,200円 6,000円 4,000円
1泊夕食 付  7,200円 5,000円 3,500円
1泊朝食付  6,200円 4,000円 3,000円
素泊まり  4,700円 3,500円 2,500円

・宿泊は1日1組様限定となっており、2名様以上のようです。

・農家民宿「桜」では布団のみの提供となっているようですね。

・洗面具と寝間着は各自で持っていた方がいいです。

・貴重品は預かりできないようなので、各自で管理する必要がありますね。

 

チェックイン時間は?

・チェックイン   15:00

・チェックアウト  10:00

 ※夕食は18:00~21:00まで。お風呂はお食事の前後で用意してもらえるみたいです。

 

農家民宿「 桜」の料理は?

をたくさん飼育しているということもあり、タマゴや鶏肉が新鮮にいただけるメニューになっていました。

 

朝食は、朝取れの卵かけごはんもいだたけるようです。

 

また、夕食には鶏肉のフルコースで鳥刺しや囲炉裏で炭火焼きなんかも食べれるようですね。

写真はホームページを引用

 

農家民宿「 桜」の場所は?

〒716-1122 岡山県加賀郡吉備中央町竹荘4092

電話 090-9458-2950

岡山自動車道賀陽インターから車で約15分

岡山空港より車で約30分

道が細いようなので、大きい車で行く場合には離合を考えて運転しなくてはいけませんね。

道に迷ってしまったら、「吉備中央町役場 本庁(岡山県加賀郡吉備中央町豊野1-2)」駐車場まで迎えに来てくれるようです。ありがたいですね。

 

まとめ

田舎でとてもいい雰囲気でゆっくりする場合にはよさそうですね。一度はいってみたい場所です。

スポンサーリンク