スポンサーリンク

いよいよ2019年9月20日から日本でラクビーワールドカップが開催されます。

 

近頃では日本代表選手もテレビに出演される機会が多く出てきており、顔と名前が一致するようになってきましたね。

 

その中でもバラエティー番組に出演が多くなった

ラグビー日本代表選手でもある 田中史朗(たなか ふみあき)選手なんですが、テレビでは意外と小柄に映っていますね。

 

そこで今回は、田中史朗選手の身長やなぜ小柄なのに日本代表選手に選ばれたのか調査してみました。

 

田中史朗選手のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日はなんだかモヤモヤな一日でした。 退団が発表され、移籍の噂も聞きましたが、内心はRWC後引退?と思ったりもしました。 いつだったか沢山のラガーマンが登場し、フミさんが赤のユニホームでニコニコしてる夢を見たことがありました。それは前夜にサンウルブズ(ユニホームは赤)の録画を観た影響と現役続行のフミさんでいて欲しいと思う私の気持ちだったのでしょう。 昨日入団の正式発表があり、ホッとしつつも、青フミから赤フミになる違和感でいっぱいで、、、でも 一夜明けて、 これからもフミさんならではの経験を活かして思い切りプレーなさって欲しい!と思える今朝です。 2019.04.05 #田中史朗選手 #キヤノンイーグルス #キヤノンであってキャノンではない #青🔵から赤🔴 #アップ写真はあえてグレーを選択 正直、町田市は遠いのです🤣

Midori Komaさん(@midokomadesu)がシェアした投稿 –

名前:田中 史朗(たなか ふみあき)

生年月日:1985年1月3日

出身地:京都府

血液型:O型

ポジション:スクラムハーフ

趣味:UFOキャッチャー

所属チーム:キャノンイーグルス

漢字で名前を見た時に「しろう」って思いこんでいましたら、実は「ふみあき」というお名前でした。よく間違えられるんでしょうね(汗)

 

小学4年生の時にラグビーに出会ったのがきっかけで、中学生になり本格的に始められたようです。

 

その実力はメキメキと発揮され、伏見工業高校入学後に高校1年生で全国高校ラグビー優勝を経験されています。

 

京都産業大学に入学して9年ぶりに大学選手権のベスト4に進出したのですが、立役者の一人となっています。

 

2008年に初の日本代表選手となって南半球3か国のプロチームが競う世界最高峰のスーパーラグビーのハイランダーズでも4シーズンプレーをしていました。

 

田中史朗選手の身長や体重は?

身長:166㎝

体重:75㎏

ラグビー選手としては小柄な身長なんですよね。

笑顔がメッチャかわいらしいですけど(笑)

 

中学時代の身長が138㎝しかなく、「背を伸ばしたい」という思いからなのか牛乳を1.5リットルを毎日飲んでいたようですね。

 

それでも高校入学時の身長は160㎝に満たず、周りを気にしてる毎日のようだったです。

 

田中史朗選手が日本代表に選ばれるようになったのか?

田中史朗選手の身長に対して体重が75㎏と通常の男性よりも体重が重いものなんです。

田中史朗選手の筋肉に秘密があった

これは、田中史朗選手が鍛えられた筋肉によって体重が増えたものなんですね。

 

高校2年生の時に出場した試合で、田中史朗選手を標的にされたことによって負けた試合でした。

 

この試合によって全国大会に出場できなかったという苦い思い出もあります。

 

この時の経験から誰よりも強い体を作っていくという信念を持ち、作り上げられた肉体なんです。

 

田中史朗選手の判断力やパス能力は?

体格が小柄ということもあり、俊敏性や体力を活かして勝負されています。

 

田中史朗選手のポジションは「スクラムハーフ」(SH)とうところで、15人の中でも一番パスが多くあり、判断力を求められ、走らないといけないポジションとなります。

 

チームが勝つため体力増強と判断力を身に着けるため努力していった賜物です。そうした結果が、世界クラスの能力となったようです。

 

高校時代に指導者から「お前は小さくてもスピードがある」と言われたことが自信となり、身に着けるように意識していったものなんですね。

まとめ

いよいよ開幕されるラクビーワールドカップ

世界最高峰の戦いを楽しみにしています!頑張れっ!

スポンサーリンク