「雨上がり決死隊」宮迫博之さんと「ロンドンブーツ1号2号」田村亮さんの会見で、パワハラと言われてもおかしくない発言がでている吉本興業

 

発言の多くは岡本社長と言われていますが、社長の上には「会長」が在籍しています。

 

会長には大崎洋さんで、今回松本人志さんが直談判した際に同席もされています。

 

今回、吉本興業のトップである大崎洋さんがダウンタウンとどのような関係なのか、また年収や経歴について調査してみました。

 

大崎洋さんのプロフィール

大崎洋さんについて簡単に紹介しますね。

名前:大崎 洋(おおさき ひろし)

生年月日:1953年7月28日

出身地:大阪府堺市

高校:大阪府立泉北高校

大学:関西大学社会学部

事務所:吉本興業ホールディングス株式会社

役職:会長

1978年に関西大学卒業後、吉本興業に入社していたのですが、入社した理由は、当時サーフィンをしていたということもあり、私服で通勤ができるところを選んだそうです(笑)

 

入社当初は、仕事は適当にされていたのですが、会社の同僚と朝方までマージャンをしていて、負け続けていたせいか、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する!」と怒鳴り声を上げたそうです。

その日以来、仕事に対する姿勢は一変したエピソードをもっています。

 

大崎洋さんは、1980年に吉本興業東京支社へ上司の木村政雄さんと共に異動してきています。

企業としての近代化を進め、新たな劇場の建設や若手育成に力を注いできました。

しかし、その中にはコンプライアンスに対応できない芸人がでてきており、その時には容赦無く解雇したり謹慎処分するという厳しい一面もありました。

山本圭一さんの淫行事件での契約解除など、不祥事やモラルに反する行為を起こしたタレントに対しては厳格な措置を取る姿勢を見せています。

 

ダウンタウンとの関係は?

吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員となった大崎洋さん。

無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教えています。

大阪で人気者になったダウンタウンを東京に進出させております。当時、松本人志さんは、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた」とネタにされていますね。

 

松本人志さんが20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていたようです。当時から仲がよかったのですね。

 

ある日、大崎洋さんから広いスポーツジムの25メートルプールで突然話しかけ「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言われたようです。

 

お互いこの業界で成功しそうにないだろうと思って高をくくっていた松本人志さんは「いいですけど」と答え、大崎洋さんは本当に潜水してみせたようです。

 

この時から信頼関係が強くなっていますね。

その20年後のことです。

 

本当に売れた松本人志さんは「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにしています。

 

しかし更にその後に松本人志さんが頑として首を縦に振らなかった出来事があった時があったようで、「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承したエピソードがあります。

 

いったいどのようなことを松本人志さんにお願いしたのか、気になりますね(笑)

 

ダウンタウンがドッキリを仕掛けた!

ダウンタウンの看板番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」で大崎洋さん発案によるドッキリ仕掛けを行いました。

 

ダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大ケンカするというものです。

別部屋でマジ喧嘩している話を聞いていた今田耕司さんなんですが、涙流していましたね(笑)

 

よくできたドッキリです(笑)

 

ともあれ、ダウンタウンとはとてもいい関係ということは、テレビ番組でも言われています。

大崎洋さんの年収は?

吉本興業に所属している芸人の給料は、東野さんが、「舞台1回500円のころがあった」と言っていました。

吉本興業の芸人は契約書が取り交わされていないということですが、役員には報酬がありますので、一定の定め事項があると考えられます。

 

以前、大崎洋さんは「1万円から10億円」と発言されているようでした。

 

このことを踏まえ会長職は「10億円」ということになるのでしょうか!?

 

まとめ

吉本興業始まって以来のピンチになっていると推測されます。今後の立ち直りをこれまでの手腕を活かして、早急に解決できるといいですね。