国賓として来日していたアメリカのトランプ大統領とメラニア夫人

 

5月27日行われていた天皇陛下と皇后両陛下との面会で、メラニア夫人が足組をしている姿が「失礼にあたるのでは?」と、ネットでも話題になっています。

 

そこで、国際のマナーについても調べてみました。

 

問題の画像

メラニア夫人は、モデルだったということもあり、とてもスタイルがいいですよね。

足を組んでもとても姿が似合います。

しかし、ネットでは・・

これはマズイ状況ですよね。

 

国際的なマナーは?

実は、欧米では足を組むことがマナーとしてあるんですね。逆に正しいというんです。

 

足を組むことで、相手に”攻撃しない”という意思表示になります。

 

足を組んでしまうと急には立ち上がらないことから、相手に向かっていく姿勢にならなく非礼にはならないということなんです。

 

お互いの文化の違いでしょうね。皇后もお気になされておらず、にこやかに対談されていましたものね。

まとめ

国際文化の違いには驚かされますね。

もっと日本人も勉強しなくちゃいけない時代になってきていますね。