かつては日本プロレス界を引っ張って、一時代を築き上げたプロレスラー!

 

現在もちょくちょくテレビで活躍されています。

 

そんな藤波辰彌さんと妻(嫁)の藤波伽織さんの

 

・藤波辰彌さんのプロフィール

・藤波伽織さんとの結婚

・藤波辰彌さんの現在

 

など気になる点を調べてみました。

 

・藤波辰彌さんのプロフィール

【名前】:藤波辰彌(ふじなみ たつみ) 

【本名】:藤波辰巳(ふじなみ たつみ)

【出身地】:大分県国東市

【生年月日】:1953年12月28日

【職業】:元プロレスラー

 

中学校時代は、陸上選手だったようですが、当時プロレスラーとして活躍していたアントニオ猪木さんに憧れていましたようです。

 

中学校卒業後は、地元の自動車整備工場に就職していたんですが、プロレスラーを目指すべく、思い切って、当時別府温泉に湯治できていたプロレスラーの北沢幹之さんに直談判しています。

そのまま巡業について行き、日本プロレスに入門というビックリ行動をしているようですね。すごい根性です。

 

北沢幹之さんの計らいによって、アントニオ猪木さんの付き人となって、1971年5月9日にデビューをしていますが、デビュー戦いはなんと、北沢幹之さんでした。

 

アントニオ猪木さんが日本プロレスを除名された後、その時に藤波辰爾さんは夜逃げ同然に日本プロレスを退団して、アントニオ猪木さんの事務所に行きました。

アントニオ猪木さんは、新日本プロレスを旗揚げされたときに、藤波辰爾さんも参戦!しかし、第一試合に出場してもエル・フリオッソ選手に敗れてしまいましたね。

 

海外へ当時の西ドイツやアメリカに修行に出られています。

 

1978年1月23日には、ニューヨークでカルロス・ホセ・エストラーダと対戦しますが、なんとドラゴンスープレックスが決まり、WWWFジュニアヘビー級チャンピオンとなります!!

 

ドラゴンブーム到来です!!

 

長州力選手との戦いは、「名勝負数え歌」とも呼ばれていました。

 

しかし、タイガーマスクの引退や前田日明選手の離脱などがあり、新日本プロレスの冬の時代がありました。

 

数々の名勝負があったなかで、1999年に新日本プロレス社長に就任しています。

 

社長業と多忙を極める中で、胆石の治療を行い現役を貫き通しています。2006年に新日本プロレスを退団しました。

 

・藤波伽織さんとの結婚

1982年1月のことですが、新間寿選手が仕掛けたサプライズとして当時婚約していた伽織さんが、リングに上がってなんと観客から盛大な拍手を受けています。

3年の交際後、昭和53年に晴れてご結婚されています。

プロレスラーの旦那を持つものとして、衣食住のすべてを支えられた懸命な奥様です!

現在は、二児の母として家庭をしっかり守られています。

 

・藤波辰彌さんの現在

息子・怜於南(れおな)さんは、お父さんゆずり体格を活かしてプロレスラーの道を歩まれています。

娘・美生(みう)さんはプロゴルファーを目指されているようです。

 

当の本人はというと、現在もプロレスラーを現役で頑張れています!!

 

・まとめ

生涯現役として今でも頑張っている姿は、とてもすてきです。

秘密のケンミンSHOW!にも参戦!?されるようなので要チェックです!